BMW5シリーズ フルモデルチェンジ 値引き交渉


BMWジャパンは1月12日、、7世代目モデルとなる新型『5シリーズ』セダンを2月11日より発売すると発表しました。

BMW 5シリーズは、全世界で今までに約800万台が販売され、世界で最も成功しているビジネス・セダンの1つとなっています。
約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型5シリーズは、クリーンディーゼル搭載の「523d」やプラグインハイブリッド「530e」、4WDモデル「540i xDrive」を含む全14モデルをラインアップします。

全モデル、新世代モジュラーエンジンコンセプトに基づく最新型パワートレインを搭載しています。
「523i」に搭載する2リットル直列4気筒エンジンは、最大出力184ps、最大トルク270Nmを発生、
「523d」に搭載する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジンは、最大出力190ps、最大トルク400Nmを発生します。
ディーゼル車の523dは1リットルあたり21.5キロメートル、ガソリン車の530iで15.4キロの低燃費を実現しています。

エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、流麗なルーフライン、ロングホイールベース、サイドに走る2本のキャラクターラインなど、BMWならではの美しさを表現し、フロントマスクでは、キドニーグリルとヘッドライトをつなげることでスポーティさを強調しています。

インテリアは、コクピットの配置を運転席側に傾けた、非対称フォルムのセンターコンソールを採用した、ドライバー重視のレイアウトです。

また、アルミニウム合金や高張力鋼板、マグネシウム合金を積極的に採用することで、先代モデルと比較して約80kgの軽量化を実現し、ハンドリング性能や加速性能の向上に寄与しています。

先進安全技術は、ステアリング&レーンコントロールアシストを新たに装備しています。フロント・ウインドウに設置されたステレオ・カメラが車線および前方車両を検知し、ステアリングに操舵力を加えることで高速走行時に車線の中央付近を走行しやすいようにサポートを行ない、渋滞時は先行車追従走行をサポートする部分自動運転を実現します。

価格は599万円から1017万円。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法