アウディ、TT RSクーペをフルモデルチェンジ


アウディジャパンはコンパクトスポーツカー『TT RSクーペ/ロードスター』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月28日より受注を開始、5月中旬より発売します。

TT RSクーペ/ロードスターは、『R8』や『RS6』など、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるアウディスポーツが開発したTTシリーズのトップモデルです。

新開発のオールアルミ製2.5リットル直列5気筒直噴ターボエンジンは、最高出力は60ps向上し400psを発揮、最大トルクは30Nm高められ480Nmを発生します。7速Sトロニックとクワトロ4WDシステムを組み合わせることで、優れた高速安定性と操縦安定性を実現し、0-100km/h加速タイムは歴代TT最速となる3.7秒(ロードスターは3.9秒)を達成しています。

また燃費は11.7km/リットル(JC08モード)を達成し、環境性能も高めています。

エクステリアでは、ハニカムメッシュのシングルフレームや専用フロントバンパー、固定式リヤスポイラーなどを装備し、アウディの量産モデルとしては初めて、テールライトにOLED(有機発光ダイオード)をオプション設定しました。

インテリアにはインスツルメントパネルに設置された12.3インチのTFTディスプレイに、スピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビをはじめとする様々な情報を表示できるアウディ バーチャル コックピットを標準装備しています。

クワトロシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置することで、前後重量配分を最適化し、アウディドライブセレクトと協調制御することで、緻密な制御を実現しています。

コーナリング時には狙い通りのラインをトレースするようトルク配分を調整し、ドリフト状態になった場合でもESC(エレクトロニックスタビライゼーションコントロール)が内輪のブレーキを調整します。

シャシーには4リンク式リヤサスペンションを採用し、ダイナミックで正確なハンドリングを実現し、舵角が大きくなるほどレシオが速くなるプログレッシブステアリングには、RS専用のスポーティなチューニングが施されています。また電子制御可変ダンパーであるアウディマグネティックライドを標準装備、アウディドライブセレクトを介して減衰特性を変化させることができます。

価格はTT RSクーペが962万円、ロードスターが978万円。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法