ボルボ、新型コンパクトSUV「XC40」を3月発売。限定モデルの受注開始

1月26日、ボルボ・カー・ジャパンは新型「XC40」を3月に発売すると発表しました。
また、300台限定となる「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の受注を2018年1月26日から受注開始開始しました。価格は559万円。
1st Editionの導入以降、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインアップを充実させていくことが明らかにされています。

XC40は、新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用するコンパクトSUVです。今回の1st Editionでは最高出力185kW(252PS)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する直列4気筒2.0リッターターボエンジンに8速ATを組み合わせています。

エクステリアでは、上級モデルの「XC90」「XC60」などで採用する北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトや、上部まで伸びるリアコンビネーションランプなどを継承する一方で、XC90やXC60に比べてよりスポーティでカジュアルなスタイリングを採用しています。
ボンネット、ボディサイドパネルは曲線に深い彫りを組み合わせた造形で構成され、細部までエッジを効かせたデザインとなっています。

また、インテリアでは90シリーズやXC60と同様の9インチ縦型タッチパネルを採用した新世代SENSUSを備えています。

安全装備も充実しており、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」とともに「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」が新たに加わり、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



レクサス、新型クーペ・LCの特設サイトを立ち上げ


レクサスは2016年11月末、新型ラグジュアリークーペ・LCの特設サイトを立ち上げました。

レクサスの最上級2ドアクーペ・LCは、新開発FRプラットフォームによる骨格を活かし、走行性能の要件とデザインが合致した、ダイナミックなプロポーションと、高級クーペとしてのエレガントさとを融合したデザインを実現しています。

ボディサイズは、全長4760×全幅1920×全高1345mm、ホイールベース2870mmです。

コックピットは、ドライバーと車の一体感を醸成するドライビングポジションとし、ペダル配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを追求しています。
レザーやアルカンターラを採用し、素材感や心地良さを、レクサス独自の感性とクラフトマンシップで実現しました。

パワートレーンは、「2UR-GSE」型5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンに、トランスミッションは10速ATを組み合わせています。アクセルやブレーキ、車両のGから、ドライバーの意図を読み取り、最適なギアを選択します。

LCの2017年春の日本国内発売に先駆けて、無料の会員登録を行うことで、LCの商品情報や開発者のメッセージなどが閲覧できる特設サイトを立ち上げ、抽選で、プロトタイプ車の特別展示会にも参加することができます。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



メルセデス・ベンツ、「スマート」から「BRABUS」を発売

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%90%e3%82%b9
2016年12月6日、メルセデス・ベンツ日本はコンパクトカー「スマート」から、スポーティさを追求したスマート・ブラバスを発表し、注文受付を開始しました。発売は2017年5月以降となる予定です。

スマート・ブラバスは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したスマートをベースに、そのコンセプトであるスポーティさとデザイン性をより追及した究極のアーバンスポーツカーとしています。

エンジンには、専用の直列3気筒ターボエンジンを採用し、燃圧を高めるとともに空気供給量の最適化を図り、最高出力109PS、最大トルク170Nmを実現し、最高速度は180km/hを達成しています。

サスペンションは、硬さを20%上げ、フロントアクスルに設定したアンチロールバーによりロールを9%減少、専用のチューニングを施したエレクトリック・スタビリティ・プログラムを採用し、スポーティなドライブフィールを実現しています。

メーカー希望小売価格:297万円~327万円(税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



ダイハツ、小型車「トール」を新発売

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%83%84%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab
2016年11月9日、ダイハツは新型小型乗用車「トール」を発表し、販売を開始しました。

今回発表されたトールは、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発されたハイトワゴンタイプの小型車です。

パワーユニットは1リッター直列3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)と、新開発の1リッター直列3気筒ターボ(同98ps/同14.3kgm)が設定され、トランスミッションは、すべてのグレードでCVTを組み合わせています。
また、停車前アイドリングストップ機能、ボディーの樹脂化、最適化されたCVT制御、高性能スパークプラグ、低フリクションエンジンオイルの採用、空力ドアミラー、ルーフスポイラー、エアロワイパー&空力フードヒンジカバーの採用による走行抵抗の低減により、FF車で24.6km/リッター、4WD車は22.0km/リッター、FFのターボエンジン搭載車で21.8km/リッター(すべてJC08モード)を達成しています。

ボディーサイズは、5ナンバーサイズのコンパクトな外形寸法としながら、広々とした後席空間が確保されゆとりある室内空間を実現し、乗降性の良さも考慮されています。
また、車両周囲が見やすいガラスエリアと、運転視界を阻害しないAピラーにより、運転席からの広い前方視界が確保され、後部ドアはワンタッチで開閉可能なパワースライドドアを採用し、予約ロック機能のほか、挟み込み防止機能、チャイルドプロテクションなどの安全機能も充実しています。

室内を通って前席から後席へアクセスでき、リアシートを前にスライドすれば機内持ち込み用スーツケースが4個積載可能です。デッキボードを跳ね上げたり反転させたりすることで、自転車やベビーカーなどを積み込むことも可能です。

収納スペースも多く、運転席・助手席にスマートフォン、ペットボトルから1リッターの紙パックまで収納できる回転式カップホルダーが備わるほか、収納やダストボックスとして使用可能な容量5リッターのインパネセンター大型ボックスを装備しています。

さらにインパネアッパー中央部には、4.2インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが配置され、故障や警告情報が表示されるほか、時計やカレンダー、記念日などの表示に切り替えられ、キャラクターモードも選択可能です。

また、4カ所のカメラで車両の前後左右を映し、上から見下ろしたような映像をディスプレイに表示することができるパノラマモニターも搭載し、駐車時や見通しの悪い交差点での運転操作をサポートします。

ラジエーターファンやエアコンコンプレッサーの構造変更、インナーパネルとサイドアウターパネルの隙間に発泡剤を注入、ダッシュパネルやボディー水抜き穴の面積縮小、大型エンジンアンダーカバーやフードサイレンサーの採用、フードサイレンサーとダッシュパネルアウターサイレンサーの吸音力を向上、Aピラーガーニッシュ裏に吸音材を装着するなど、室内の静粛性確保にも対策が施されています。

衝突安全性能は、衝突安全ボディー「TAF」や、乗員に優しい安全インテリア「SOFI」を採用したほか、SRSサイドエアバッグ(前席)、SRSカーテンシールドエアバッグ(前・後席)を採用し、リアシートベルトプリテンショナーとフォースリミッター機構も設定しています。
予防安全は、衝突回避支援システム「スマートアシストII」を搭載し、カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーの組み合わせにより、前方の車両と衝突の危険性が高まった場合に自動緊急ブレーキが作動し、歩行者との衝突危険性がある場合や、車線の逸脱も警告するほか、アクセルとブレーキの踏み間違えによる前方・後方への飛び出しも抑制する装備を搭載しています。

さらに、クルーズコントロールや坂道発進時の車両の後退を抑制するヒルホールドシステム、60km/h以上で走行時に急ブレーキをかけると、ブレーキランプとともにハザードランプが高速で点滅するエマージェンシーストップシグナル、オートライトなどが装備されています。

トールはトヨタ自動車と富士重工業にOEM供給され、トヨタは「ルーミー」・「タンク」、富士重工は「ジャスティ」の名前で販売されます。

価格は146万3400円から。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



ダイハツ、ムーヴキャンバスを新発売

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%83%84%e3%80%80%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9
9月7日、ダイハツは「ムーヴ」シリーズの派生モデルとなる新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」を発売しました。

主なターゲットは女性になっており、日常での使いやすさを優先して設計されています。

軽自動車で初めて両側スライドドアを採用し、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)・スーパークリーンエアフィルターの標準装備になります。日焼けの原因や車内温度上昇の抑制効果があり、またフィルターはPM2.5にも対応しています

安全面では、「Bi-Angle LEDヘッド ランプ」に軽自動車で初採用となるステアリング連動ヘッドランプ「AFS」機能を搭載し、コーナーのイン側ライトが最大15度、アウト側ライトが最大7.5度まで動き、夜間走行時の視界確保に貢献します。
衝突回避支援ブレーキ機能などを持つ先進安全装備「スマートアシストII」を各モデルにグレード展開するほか、「パノラマモニター」をダイハツ車で初採用し、フロントとリア、両サイドに計4個装備するカメラで車両周辺を撮影し、自分の車両を上から見ているような映像を表示する「トップ&フロントビュー」「トップ&リアビュー」など6種類の画面表示で安全確認をアシストします。

パワートレインは、直3DOHC 660cc(最高出力52ps、最大トルク6.1kgm)エンジンに、トランスミッションはCTVを組み合わせ、JC08モード燃費は28.6km/Lを達成しています。

販売価格 : 118万円~166万円(税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



トヨタ、ピクシス ジョイを新発売

トヨタ ピクシスジョイ
8月31日、トヨタ自動車は新型軽乗用車「ピクシス ジョイ」を、全国で発売しました。

ユーザーの生活に喜び・楽しさを提供していきたい、という想いから命名されたピクシス ジョイは、軽自動車本来の魅力である低燃費・低価格に加え、スタイルやカラーなどデザインも追求しています。

パワートレインは、KF[インタークーラーターボ付](660cc)エンジンに、トランスミッションはCTVを組み合わせ、30.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現しています。

ピクシス ジョイCは、樹脂のガーニッシュ(フロント/リヤ)や大径タイヤ(165/60R15タイヤ)を採用するなど、クロスオーバーを感じさせるエクステリアを追求し、最低地上高を180mmと、雪道や山道での走破性を確保しています。

ピクシス ジョイFは、バンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールなど随所にメッキ加飾を施すことで、洗練されたエクステリアを演出しています。

ピクシス ジョイSはバンパー(フロント/リヤ)など専用エアロパーツの採用に加え、内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで、スポーティさを強調しています。

メーカー希望小売価格
 ピクシス ジョイC :122万400円~151万7,400円(税込)
 ピクシス ジョイF :122万400円~151万7,400円(税込)
 ピクシス ジョイS :162万円(税込)

新車購入のポイント
新車の商談は必ず、今お持ちの車の下取り最高額を把握してから始めましょう。
こちらの車買取無料査定サイトを使うと、簡単に査定額が分かります。

カービュー
ヤフーの子会社カービューが運営している日本最大級のクルマ総合情報サイトで、愛車の情報を入力して送信すると、無料でメールなどで愛車の査定額を教えてくれます。
全国各地の買取店の中から複数社に査定を依頼できるので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付き、アイシスの購入資金を低く抑えることができます。
あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 


ホンダ、新型NSX欧州仕様を公開

ホンダ NSXホンダは、新型『NSX』の欧州仕様スペックを公表しました。

新型NSXはミッドシップに、最大出力507ps/6500-7500rpm、最大トルク56.1kgm/2000-6000rpmを発生する新開発の直噴3.5LV6気筒ツインターボエンジンを搭載しています。

高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用し、フロントにモーターを2個、リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、合計3個のモーターをレイアウトしました。モーターの最大出力は74ps。システム全体で581psのパワーを実現します。

トランスミッションは9速デュアルクラッチを組み合わせ、最高速は308km/hに達する性能を備えています。

さらに、新型NSXでは、前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする電動式4WDハイブリッドとなります。

また、アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材を積極的に使用し、車両重量は1763kgに抑えられ、前後の重量配分は、42対58としています。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクを採用し、ブレーキはブレンボ製で、キャリパーはフロント6ピストン、リア4ピストン、ローター径は、フロントが368mm、リアが361mmを搭載しています。オプションで、カーボンセラミックが選択でき、ローター径はフロントが381mmに拡大します。

タイヤサイズは、フロントが245/35ZR19、リアが305/30ZR20で、欧州仕様は、コンチネンタル「コンチスポーツコンタクト5 SP」が純正装着されています。

新型NSXの欧州での納車は、今秋から開始される予定です。

新車購入のポイント
新車の商談は必ず、今お持ちの車の下取り最高額を把握してから始めましょう。
こちらの車買取無料査定サイトを使うと、簡単に査定額が分かります。

ビッグモーター
中古車販売台数では2年連続日本一(※)の実力を持っています。
多くの買取業者は、オークション市場に販売することが殆どですが、ビッグモーターは、買い取った車を直接販売できるため、中間マージンが発生せず、高い買取額を実現できます。
※2014年度中古車販売企業の販売台数ランキング(株)総合企画センター大阪調べ
中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!


カービュー
ヤフーの子会社カービューが運営している日本最大級のクルマ総合情報サイトで、愛車の情報を入力して送信すると、無料でメールなどで愛車の査定額を教えてくれます。
全国各地の買取店の中から複数社に査定を依頼できるので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付き、アイシスの購入資金を低く抑えることができます。
あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク

中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!

メルセデスベンツ、新型SLCを発売

メルセデスベンツ SLC (2)
メルセデス・ベンツは6月2日、「日本で一番売れていたオープンカー」のSLKを、メルセデスのロードスターを意味する「SL」に、車格を表す「C」が組み合わた「SLC」として新発売しました。

エンジンは「SLC 180」「SLC 180 Sports」「SLC 200 Sports」に、第3世代の直噴システムの「BlueDirect」を搭載しています。

「SLC 180」「SLC 180 Sports」には、1.6Lの直列4気筒直噴ターボを搭載し、156ps/250Nmというスペックを発生し、燃費は14.9km/Lとなっています。
「SLC 200 Sports」は、2.0Lの直列4気筒直噴ターボを組み合わせ、184ps/300Nmという動力性能を得ながら、14.2km/Lという燃費を両立しています。

トランスミッションは全車9ATに進化し、滑らかな変速と燃費や静粛性向上に寄与しています。
さらに、5つのモードを用意する「ダイナミックセレクト」も標準装備され、シーンに応じて走り方を変えることができます。

最上級の「メルセデスAMG SLC 43」には、AMG専用開発の3.0L V6ツインターボを搭載し、367ps/520Nmを発生します。0-100km/h加速は4.7秒という性能を誇ります。

「新型」SLCのエクステリアは、ロングノーズ&ショートデッキのフォルムは踏襲され、刷新されたリヤバンパー、テールランプによりワイド感を強調し、サイドにエアダクトデザインを施すことで、スポーティなイメージが高められています。

機能面では、リバース操作に連動して車両後方の映像が映し出されるリヤビューカメラを全車に標準装備しています。

さらに、「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」をベースに、走行状況や天候などに応じて最適なモードを自動で選択する「インテリジェントライトシステム」などが設定されています。

SLCの特徴であるバリオルーフは、ルーフフレームにマグネシウム合金を採用することで、軽量化と低重心化を実現し、停車時に開閉操作を開始すると、開閉動作は約40km/hまで継続するようになり利便性も向上しています。

そのほか、スイッチ操作でルーフトップの透過率を変更できる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」が搭載されています。

新車:530~685万円
中古: –
燃費:14.9km/L



新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク

中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!

アウディ、新型S5クーペを発表

アウディ S5
アウディは6月2日、新型『S5クーペ』を初公開しました。

S5クーペは、ドイツで同時にワールドプレミアされた新型『A5クーペ』の高性能グレードで、「S」の名前を冠する新型S5クーペも、同時デビューしました。

先代S5クーペは、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、スーパーチャージャーで過給した「TFSI」エンジンを搭載し、最大出力333ps/5500-6500rpm、最大トルク44.9kgm/2900-5300rpmを獲得していました。

これに対して、新型S5クーペは、直噴3.0リットル V型6気筒ガソリンエンジンを、ターボで過給した新開発「TFSI」エンジンを積む。最大出力は354psと、先代の333psを21ps上回ります。

強化された新エンジンを搭載した新型S5クーペは、0-100km/hを4.7秒で駆け抜け、内外装は「S」モデルらしく、スポーティな仕上がりです。

ビッグモーター
中古車販売台数では2年連続日本一(※)の実力を持っています。
多くの買取業者は、オークション市場に販売することが殆どですが、ビッグモーターは、買い取った車を直接販売できるため、中間マージンが発生せず、高い買取額を実現できます。
※2014年度中古車販売企業の販売台数ランキング(株)総合企画センター大阪調べ
中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!


カービュー
ヤフーの子会社カービューが運営している日本最大級のクルマ総合情報サイトで、愛車の情報を入力して送信すると、無料でメールなどで愛車の査定額を教えてくれます。
全国各地の買取店の中から複数社に査定を依頼できるので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付き、アイシスの購入資金を低く抑えることができます。
あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク

中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!

アウディ、A5クーペをフルモデルチェンジ

アウディ A5 (2)
2016年6月2日、アウディはアウディA5クーペを発表しました。
9年ぶりのフルモデルチェンジで、メカニズムはA4と共通ですが、エレガントなボディラインにはシャープなエッジが散りばめられており、アウディのデザインテーマを取り入れたスタイリングとなっています。

エンジンはガソリン2基とディーゼル3基を設定して、「190ps(140kW)から286ps(210kW)まで」というラインナップは従来比で最大17%の出力向上と、最大22%の燃費改善を達成しています。

トランスミッションは6速MTと7速および8速ティプトロニックが設定されています。
シャシーはアウディドライブセレクトや、新開発の電動機械式パワーステアリングを採用し、ボディは最大60kgの軽量化が果たされており、0.25のCd値はクラストップを誇ります。

インテリアでは、インストゥルメントに12.3インチの液晶ディスプレイが初採用され、表面がタッチパッドになっているMMIナビゲーションプラスの操作ダイヤルや最新のボイスコントロールなどを採用しています。

ビッグモーター
中古車販売台数では2年連続日本一(※)の実力を持っています。
多くの買取業者は、オークション市場に販売することが殆どですが、ビッグモーターは、買い取った車を直接販売できるため、中間マージンが発生せず、高い買取額を実現できます。
※2014年度中古車販売企業の販売台数ランキング(株)総合企画センター大阪調べ
中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!


カービュー
ヤフーの子会社カービューが運営している日本最大級のクルマ総合情報サイトで、愛車の情報を入力して送信すると、無料でメールなどで愛車の査定額を教えてくれます。
全国各地の買取店の中から複数社に査定を依頼できるので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付き、アイシスの購入資金を低く抑えることができます。
あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク

中古車無料査定・高価買取BIG
業界最大手・年間12万台買取の高額査定
16秒簡単入力で無料査定サービス!