アウディ、TT RSクーペをフルモデルチェンジ


アウディジャパンはコンパクトスポーツカー『TT RSクーペ/ロードスター』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月28日より受注を開始、5月中旬より発売します。

TT RSクーペ/ロードスターは、『R8』や『RS6』など、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるアウディスポーツが開発したTTシリーズのトップモデルです。

新開発のオールアルミ製2.5リットル直列5気筒直噴ターボエンジンは、最高出力は60ps向上し400psを発揮、最大トルクは30Nm高められ480Nmを発生します。7速Sトロニックとクワトロ4WDシステムを組み合わせることで、優れた高速安定性と操縦安定性を実現し、0-100km/h加速タイムは歴代TT最速となる3.7秒(ロードスターは3.9秒)を達成しています。

また燃費は11.7km/リットル(JC08モード)を達成し、環境性能も高めています。

エクステリアでは、ハニカムメッシュのシングルフレームや専用フロントバンパー、固定式リヤスポイラーなどを装備し、アウディの量産モデルとしては初めて、テールライトにOLED(有機発光ダイオード)をオプション設定しました。

インテリアにはインスツルメントパネルに設置された12.3インチのTFTディスプレイに、スピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビをはじめとする様々な情報を表示できるアウディ バーチャル コックピットを標準装備しています。

クワトロシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置することで、前後重量配分を最適化し、アウディドライブセレクトと協調制御することで、緻密な制御を実現しています。

コーナリング時には狙い通りのラインをトレースするようトルク配分を調整し、ドリフト状態になった場合でもESC(エレクトロニックスタビライゼーションコントロール)が内輪のブレーキを調整します。

シャシーには4リンク式リヤサスペンションを採用し、ダイナミックで正確なハンドリングを実現し、舵角が大きくなるほどレシオが速くなるプログレッシブステアリングには、RS専用のスポーティなチューニングが施されています。また電子制御可変ダンパーであるアウディマグネティックライドを標準装備、アウディドライブセレクトを介して減衰特性を変化させることができます。

価格はTT RSクーペが962万円、ロードスターが978万円。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



プジョー、3008をフルモデルチェンジ


プジョーのSUV「3008」がフルモデルチェンジされました。

インテリアは、新世代コクピットを採用し、12.3インチのデジタルヘッドアップインストルメントパネル、8インチタッチスクリーンとトグルスイッチ、小径レザーステアリングなどすべてのパーツが刷新され、全長を85mm拡大したことで、ラゲッジルーム容量を520リットルに拡大しました。

パワートレインは、最高出力165psを発生する1.6リットル4気筒ターボエンジンと6ATの組み合わせています。

新プラットフォームをはじめとした軽量化により、パワフルかつ軽快でしなやかな走りを実現し、悪路走行に対応するアドバンスドグリップコントロールには、急な下り坂をブレーキングせずに安定下降できるヒルディセントコントロールを装備しています。

安全・機能装備は、アクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニター、ドライバーアテンションアラート、アクティブクルーズコントロール、ワイドバックアイカメラなどを搭載しています。

価格は、354万円~400万円(いずれも税込)。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



ボルボ、XC60をフルモデルチェンジ


2017年3月7日、ボルボ・カーズは新型「XC60」を第87回ジュネーブ国際モーターショーにおいて世界初公開しました。

XC60は2008年に登場したボルボのミドルサイズSUVで、同社のグローバル販売の約30%を占める、基幹車種です。

新型XC60は、衝突被害軽減ブレーキにステアリングアシスト機能を追加するなど、従来モデルから運転支援システムを強化しています。130km/h以下の車速で、ハンドルやアクセル、ブレーキの操作を自動で行う「パイロットアシスト」が新たに採用されました。

パワートレインは、407hpの最高出力を発生し、0-100km/h加速が5.3秒という動力性能を発揮するプラグインハイブリッドシステム「T8」をはじめ、最高出力190hpの「D4」、および同235hpの「D5」という2種類のディーゼルエンジン、254hpを発生するガソリンターボエンジンの「T5」、ターボとスーパーチャージャーの両方を備え、320hpの最高出力と40.8kgmの最大トルクを発生するガソリンエンジンの「T6」が設定されています。

生産はスウェーデンのトルスランダ工場にて、2017年4月の中旬に開始される予定です。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



ポルシェ、パナメーラをフルモデルチェンジ


2009年、生粋のスポーツカーブランドであるポルシェが世に送り出した4ドアサルーン、ポルシェ『パナメーラ』は、その優れたパフォーマンスと卓越した実用性、快適性で世界中を驚かせ、人気モデルとしてポジションを獲得しましたが、今回が初めてのフルモデルチェンジとなり、シャシーからエンジン、ミッションなどが、すべて新開発となり、高い完成度とポルシェの強い意気込みが感じられます。

≪デザイン≫
ホイールベースを30mmほど延長しルーフ高を20mm低くし、サイドから眺めるとあたかも「大きなクーペ」のようなフォルムとなっています。フロントは、4灯式のデイタイムランニングライトが内蔵されたLEDヘッドライトと低くなったエアインテークと、フェンダー部分がフードよりも高く盛り上がっておりダイナミックさが増しています。リヤは、新採用の「ライトストリップ」がワイド感を強調し、4灯のブレーキライトを備えたLEDのテールライトが強い存在感を与えます。

≪シャシー≫
ボディはアルミニウムをベースとした最先端の複合素材を用いて、大幅な軽量化が達成されています。さらに、パフォーマンスと快適性を両立する技術が数多く採用され、ピッチングやロール、ヨーなどを3次元的に分析し、リアルタイムにすべてのシャシーシステムを最適化させる「ポルシェ4D シャシーコントロール」をはじめ、空気容量を60%増加した3チャンバーのエアサスペンション、電子制御ダンパーシステム「PASM(ポルシェ・アクティブ.サスペンション・マネジメント・システム)」やコーナリング中に発生するボディのロールを制御するシステム「PDCC Sport(ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム)」などを装備しています。

≪エンジン≫
「3LV6ターボ(パナメーラ/パナメーラ4)」、「2.9LV6ツインターボ(パナメーラ4E-ハイブリッド/パナメーラ4S)」、「4.0LV8ツインターボ(パナメーラターボ)」の3タイプで、すべて新設計されたエンジンで、低回転域でのトルクが向上し、レスポンスも改善、効率性も高められています。出力は、V6ターボが330ps/45.9kgm、V6ツインターボが440ps/56.1kgm、V8ツインターボがps馬力/78.5kgmです。
なお、V6ツインターボのハイブリッドが462ps/71.4kgmとなります。

≪ミッション≫
新設計された8速PDKは、シフト速度を極限まで短縮して、パワーロスを28%改善しています。

ポルシェ パナメーラ 価格:
1132万8000円~2540万円(消費税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



BMW、MINIクロスオーバーをフルモデルチェンジ


2月23日、BMWはMINI クロスオーバーをフルモデルチェンジしました。

今回発売された新型MINI クロスオーバーは、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルのみで、今秋にMINI初の新世代ハイブリッド・モデルをラインアップに追加する予定です。

パワートレーンは「クーパーDクロスオーバー」および「クーパーDクロスオーバー・オール4」は最高出力150psの直列4気筒2.0リッターディーゼルターボエンジンと8速ATの組み合わせでJC08モード時の燃費は21.3km/リットルの低燃費を達成し、先代モデル比で約37%燃費を向上させています。

インテリアは、MINIらしい円形デザインをモチーフとして採り入れて可愛らしさを演出しています。クローム仕上げをふんだんに取り入れたほか、ステッチなどの細部のデザインにもこだわったレザーシートや、メモリー機能付き電動フロントシートの採用などによって上質でこだわりの感じる室内空間を実現しています。

また、今秋に導入される予定のMINI クーパー SE クロスオーバー ALL4は、最高出力136PS、最大トルク220Nmを発生する直列3気筒1.5リッターターボエンジンに、最大出力88PS、最大トルク165Nmの電気モーターを組み合わせた4輪駆動の新世代ハイブリッドモデルです。ガソリンエンジンで前輪を、電気モーターで後輪を駆動し、悪路での走破性のみならず停止状態からの加速性能、高速走行時の安定した動力伝達、高い効率を実現しています。大容量バッテリーと高出力電気モーターにより、最高速度125km/h、最長約40kmまでのEV走行を可能と、バッテリーは200V電源で約3時間でフル充電ができます。

ボディサイズは、全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mmと、現行型に対して195mm長く、30mm広く、45mm高いボディサイズを拡大することで、リアシートを中心に室内空間、トランク容量の拡大を実現し、荷室容量は先代モデルより100リットル増量した450リットルを実現しています。

メーカー希望小売価格は、386万円から483万円(税込)

1

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



トヨタ、プリウスPHVをフルモデルチェンジ


トヨタ自動車は、プリウスPHVをフルモデルチェンジし、2月15日より販売を開始しました。

新型のプリウスPHVは、大容量リチウムイオン電池の搭載やシステムの効率化により、環境性能を大幅に進化させ、EV走行距離を68.2kmに拡大させ、さらにEV走行最高速度は135km/h を達成し、また、ハイブリッド燃費も37.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現しています。

満充電までの時間は100V/6Aで約14時間、200V/16Aで約2時間20分、急速充電(約80%)は約20分とされ、ソーラー充電システムは最大約6.1km/日の走行分を太陽光発電でまかなうことが可能です。

外部給電機能も装備され、新しい「EV給電モード」ではエンジンをかけずに家電が利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1500Wの出力でガソリン満タン状態なら2日程度の電力を供給できます。

エクステリアはプリウスとかなり印象が異なり、フロントに大型グリルと4眼で左右16個のLEDを制御するアダプティブハイビームシステムを採用し。リアはダブルバブルウインドゥ、一本の赤いラインでつないだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなどと個性的なデザインとなりました。

パワーユニットは、最高出力(98PS、最大トルク142Nmを発生する1.8リッター直列4気筒ガソリンエンジンのほか、最高出力72PS、最大トルク163Nmを発生する1NMモーターと、最高出力31P、最大トルク40Nmを発生する1SMモーターを組み合わせたデュアルモーターシステムが採用されています。

また、「駆動用バッテリー専用ヒーター」や世界初の「ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン」の採用で、EVモード走行中にエンジンが掛かりにくい状態を維持して、燃費性能を向上させています。

安全性能は、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備し、トヨタ初の「11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム」とDCMにより、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供しています。

ボディカラーは、新開発の「スピリテッドアクアメタリック」を含めて全9色をラインナップしています。

メーカー希望小売価格は326万1600円(税込)~422万2800円(税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



スズキ、ワゴンRをフルモデルチェンジ


スズキは2月1日、主力軽自動車の「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」をフルモデルチェンジして発売しました。

インテリアは、初めてセンターメーターや、軽自動車で初のヘッドアップディスプレイを採用しています。使いやすさで定評のある室内は、リアドア内側に傘を立てて置けるなど、さらに進化しました。

「S-エネチャージ」と呼ばれていたパワーユニットも高性能化が図られ、10秒以内ならクリープ走行ができるマイルドハイブリットに進化し、燃費は33.4km/Lを達成しています。

安全装備は、単眼カメラと赤外線レーザーを併用したデュアルセンサーブレーキサポートを採用し、衝突被害軽減ブレーキのほか、ペダル踏み間違い事故を防ぐ誤発進抑制機能、ヘッドランプのハイ/ロー自動切り替えを設定しています。ESP(横滑り防止装置)は全車に標準装備されました。

価格はワゴンRが107万8920円から、スティングレーが129万3840円から。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



フォルクスワーゲン、ティグアンをフルモデルチェンジ


パワートレーンは、1.4リッターTSIエンジン+6速DSGと、エンジン型式が「CZE」に変わっているように、パワーや燃費性能がさらに進化しました。

ダイキャストアルミニウム製の超高剛性クランクケースの採用や、エキゾーストマニホールドとシリンダーヘッドの一体化などで軽量化されたユニット、そして一時的に2気筒を休止することができるアクティブシリンダーマネージメント(ACT)といった改良により、出力&トルクは150PS/250Nm、JC08モード燃費は16.3km/Lを実現しています。

安全装備は、歩行者検知に対応したシティエマージェンシーブレーキ機能や、プリクラッシュブレーキシステムの「Front Assist」、全車速追従機能付きの「ACC」、車両まわり360度を映し出すワイドアングルカメラの「Area View」が全車標準装備となるほか、レーンキープアシストシステム「Lane Assist」やレーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」、フルデジタル化されたメータークラスターの「Active info Display」などがベースグレード以外に標準装備、また、夜道の明るさに応じて自動で最適な明るさを保つダイナミックライトアシストや、パワーテールゲートなどオプションでも先進装備を設定しています。

純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」にはテレマティクス機能の「Guide&Inform」を含むモバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」を搭載し、ナビのルート案内の精度アップやニュース、天気、目的地の情報などをスマホなどのモバイルやWi-Fi接続によって入手することができ、コネクティビティ機能「App-Connect」対応でさまざまなアプリも起動することができます。

新車:360~463万円
中古:88~388万円
燃費:16.3km/L

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



BMW5シリーズ フルモデルチェンジ 値引き交渉


BMWジャパンは1月12日、、7世代目モデルとなる新型『5シリーズ』セダンを2月11日より発売すると発表しました。

BMW 5シリーズは、全世界で今までに約800万台が販売され、世界で最も成功しているビジネス・セダンの1つとなっています。
約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型5シリーズは、クリーンディーゼル搭載の「523d」やプラグインハイブリッド「530e」、4WDモデル「540i xDrive」を含む全14モデルをラインアップします。

全モデル、新世代モジュラーエンジンコンセプトに基づく最新型パワートレインを搭載しています。
「523i」に搭載する2リットル直列4気筒エンジンは、最大出力184ps、最大トルク270Nmを発生、
「523d」に搭載する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジンは、最大出力190ps、最大トルク400Nmを発生します。
ディーゼル車の523dは1リットルあたり21.5キロメートル、ガソリン車の530iで15.4キロの低燃費を実現しています。

エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、流麗なルーフライン、ロングホイールベース、サイドに走る2本のキャラクターラインなど、BMWならではの美しさを表現し、フロントマスクでは、キドニーグリルとヘッドライトをつなげることでスポーティさを強調しています。

インテリアは、コクピットの配置を運転席側に傾けた、非対称フォルムのセンターコンソールを採用した、ドライバー重視のレイアウトです。

また、アルミニウム合金や高張力鋼板、マグネシウム合金を積極的に採用することで、先代モデルと比較して約80kgの軽量化を実現し、ハンドリング性能や加速性能の向上に寄与しています。

先進安全技術は、ステアリング&レーンコントロールアシストを新たに装備しています。フロント・ウインドウに設置されたステレオ・カメラが車線および前方車両を検知し、ステアリングに操舵力を加えることで高速走行時に車線の中央付近を走行しやすいようにサポートを行ない、渋滞時は先行車追従走行をサポートする部分自動運転を実現します。

価格は599万円から1017万円。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



スズキ、スイフトをフルモデルチェンジ


スズキはスイフトをフルモデルチェンジし、1月4日から発売しました。

スイフトはスズキの世界戦略を担うグローバルモデルであり、2004年の発売以来、全世界で累計530万台が販売されている、スポーティーでパーソナルなコンパクトカーです。

新型スイフトは、軽量・高剛性の新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、動力性能と燃費性能の改善を図っています。

パワーユニットは、1.2リッター直4自然吸気エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせたマイルドハイブリッドシステムと、「ブースタージェット」と呼ばれる1リッター直3直噴ターボエンジンを採用しています。
マイルドハイブリッド車ではJC08モード27.4km/リッターという燃費性能を、直噴ターボ車では1.5リッター自然吸気エンジン搭載車に匹敵する動力性能を実現しています。

運転支援システムは単眼カメラと赤外線センサーを用いた「デュアルセンサーブレーキサポート」を初採用し、状況に応じてロービームとハイビームを切り替えるハイビームアシスト機能や、ミリ波レーダー方式のアダプティブクルーズコントロールも設定しています。

ラインナップは1.2リッター車が「XG」と「XL」「RS」、マイルドハイブリッド車が「ハイブリッドML」と「ハイブリッドRS」、直噴ターボ車が「RSt」の全6グレードの構成で、RS、ハイブリッドRS、RStの3グレードは、速度域の高い欧州の道路環境を想定したというショックアブソーバーやタイヤ、電動パワーステアリングコントローラーが採用されたスポーティーな仕様となっています。

価格は以下の通りです。

XG:134万3520円(FF)/149万7960円(4WD)

XL:146万3400円(FF)/161万7840円(4WD)

RS:159万4080円(FF)

ハイブリッドML:162万5400円(FF)/177万9840円(4WD)

ハイブリッドRS:169万1280円(FF)/184万5720円(4WD)

RSt:170万4240円(FF)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法