ボルボ、新型コンパクトSUV「XC40」を3月発売。限定モデルの受注開始

1月26日、ボルボ・カー・ジャパンは新型「XC40」を3月に発売すると発表しました。
また、300台限定となる「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の受注を2018年1月26日から受注開始開始しました。価格は559万円。
1st Editionの導入以降、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインアップを充実させていくことが明らかにされています。

XC40は、新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用するコンパクトSUVです。今回の1st Editionでは最高出力185kW(252PS)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する直列4気筒2.0リッターターボエンジンに8速ATを組み合わせています。

エクステリアでは、上級モデルの「XC90」「XC60」などで採用する北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトや、上部まで伸びるリアコンビネーションランプなどを継承する一方で、XC90やXC60に比べてよりスポーティでカジュアルなスタイリングを採用しています。
ボンネット、ボディサイドパネルは曲線に深い彫りを組み合わせた造形で構成され、細部までエッジを効かせたデザインとなっています。

また、インテリアでは90シリーズやXC60と同様の9インチ縦型タッチパネルを採用した新世代SENSUSを備えています。

安全装備も充実しており、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」とともに「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」が新たに加わり、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



トヨタ、アルファード/ヴェルファイアをマイナーチェンジ


トヨタ自動車は、「アルファード」および「ヴェルファイア」をマイナーチェンジ、1月8日より販売開始。

今回のマイナーチェンジでは、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させた第二世代「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備しました。
自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト」、カメラが制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などの道路標識を読み取りメーター内に表示する「ロードサインアシスト」、先行車の発進を検知しメーター内に表示する「先行車発進告知機能」を新たに搭載しました。
さらに、「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定するなど、予防安全装備を充実させています。

エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプのデザインを変更することで、アルファードとヴェルファイアそれぞれの個性を強調し、インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めています。

また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エグゼクティブラウンジS」をアルファードに、「エグゼクティブラウンジZ」をヴェルファイアに設定し、専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出しています。

価格はアルファード、ヴェルファイアとも3,571,000~5,632,000円。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



アウディ、Q5をフルモデルチェンジ


アウディ ジャパンは、ミッドサイズSUV『Q5』を8年ぶりにフルモデルチェンジし、10月2日より販売を開始しました。

パワートレインは、最高出力を252psに高めた2.0リットル4気筒直噴ターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせ、駆動は予測的な制御を行う新システムを採用したクアトロ4WDシステムです。優れた運動性能を発揮するとともに、燃費は13.9km/リットル(JC08モード)と改善されています。

シャシーは、新開発の電動パワーステアリングと、前後に5リンクのサスペンションを採用し、ハンドリングと乗り心地を高度なレベルで両立。オプションで新開発のエアサスペンションも設定、「リフト/オフロード」「オールロード」モードを含む7つのセッティングが選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応する。

安全面では、歩行者検知機能付き衝突軽減システム「アウディプレセンスシティ」などの予防安全システムに加え、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備しています。また、デジタル多目的ディスプレイ「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などが設定されています。

新型Q5では、MMIタッチナビゲーションを介して、アウディコネクトによるインターネットからの情報サービスやWi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備し、また、今年からスタートした「セーフティ&サービス」も搭載され、「SOSコール」「オンラインロードサイドアシスタンス」「メンテナンスリクエスト」「マイカーマネージャー」の4機能が提供されます。

日本市場には2.0リットル直4ターボのみを導入し、価格は657万円です。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



トヨタ、カムリをフルモデルチェンジ


2017年7月10日、トヨタはミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表し、販売を開始しました。

カムリは世界100カ国以上で販売されているグローバルモデルで、特に北米では圧倒的な人気を誇り、ベストセラーカーの座を守り続けています。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4885×1840×1445mmで、ホイールベースは2825mm、全高は従来モデルよりも25mm、エンジンフード高は40mm低くなり、フロア高が20mm下がったことにより、十分な室内空間が保たれています。

エンジンは先代と同様、日本で販売されるのはハイブリッドモデルのみ。世界トップレベルの最大熱効率41%を誇る、新型2.5リッター直4エンジンに最新ハイブリッドシステムの「THS II」と組み合わせることにより、優れた動力性能と低燃費を達成しています。最高出力211psのパワーユニットで、スポーティーな走りと、最高33.4km/リッター(JC08モード値)の低燃費を実現しています。

最新の先進安全装備「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備され、ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで、クルマだけでなく歩行者も認識して衝突回避を支援します。「プリクラッシュセーフティシステム」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」という4つの機能のパッケージです。

さらに、アクセルの踏み間違いなどで起きる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」、後退時に死角を検知する「リアクロストラフィックアラート」と自動的にブレーキ制御を行う「リアクロストラフィックオートブレーキ」、車線変更時の後方確認をサポートする「ブラインドスポットモニター」が設定されています。

ラインナップと価格
X:329万4000円
G:349万9200円
G“レザーパッケージ”:419万5800円

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



シトロエン、C3をフルモデルチェンジ


2017年7月7日、プジョー・シトロエン・ジャポンは新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売しました。

ユニークなフロントデザインに、ボディーとルーフの色をコーディネートできる「バイトーン」と呼ばれるカラースキーム、軽い接触からボディー側面を守る「エアバンプ」など、そのエクステリアは個性に溢れています。。

ボディーサイズは全長3995×全幅1750×全高1495mmでホイールベースは2535mmです。

駆動方式はFFのみの設定で、最低地上高は160mmと、従来型より15mm高められています。

安全装備や運転支援システムは、自動ブレーキの「アクティブセーフティブレーキ」(5~140km/hで作動。80km/h以下では停止車両を、60km/h以下では歩行者も検知する)や、車線逸脱警告システムの「レーンデパーチャーウォーニング」(インジケーターと音で警告する)、「ドライバーアテンションアラート」(車線に対するふらつきを検知して居眠り防止の警告を発する)などが全グレードに標準装備されるほか、斜め後方の死角に存在する後続車両を超音波センサーで感知してドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる「ブラインドスポットモニター」も設定されています。

また、今回初めて採用された「コネクテッドカム」と呼ばれるカメラは、16GBのメモリーとGPSを搭載したフルHDカメラで、ルームミラーの基部に搭載されており、前方視界120度の静止画と動画が撮影でき、専用アプリによってスマートフォンと接続し、保存データをSNSでシェアするなど、さまざまな使い方ができるもので、万が一の衝突時にはドライビングレコーダーとしても機能するようになっています(専用のセンサーが衝撃を感知すると、その30秒前から60秒後までの90秒間、自動的に動画を録画保存する)。

エンジンは1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)のみ、トランスミッションは6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右です。
JC08モード燃費は18.7km/リッターを達成しています。

車両価格は以下のとおり。
C3フィール:216万円
C3シャイン デビューエディション:226万円 ※200台限定
C3シャイン:239万円

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



レクサス、LSをフルモデルチェンジ


今秋に日本デビューする「レクサス LS」から、自動ステアリングや車線変更といった最新の運転支援システムをパッケージ化した「レクサス セーフティシステム + A」が搭載されます。

「レクサス セーフティシステム + A」には、従来の「レクサス セーフティシステム +」とは比較にならないほど高度かつ数多くの機能が搭載されています。

たとえば衝突回避支援では、今回から「歩行者注意喚起⇒警報⇒ブレーキアシスト⇒自動ブレーキ⇒アクティブ操舵回避」のように、未然の注意喚起から最後の回避支援までサポートしています。

また、交差点での出会い頭事故を予防するため、交差する車両が接近してくる“方向”を大型ヘッドアップディスプレイや音声ガイドで注意喚起する「フロントクロストラフィックアラート」も世界で初めて採用しています。

高速道路や自動車専用道路では、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動制御して“ほぼ自動運転”を実現するほか、メルセデスが先に採用したウインカー操作のみで車線変更まで行う機能も備えています。

そのほか、ドライバー異常時停車支援や上下2段式アダプティブハイビームなども備えています。

BMW、新型X3を発表


BMWは6月26日、新型BMW『X3』を発表しました。

3世代目モデルとして発表された新型X3のフロントのキドニーグリルは、縦方向に大型化され、ヘッドライトには最新LED技術を採用し、LEDテールランプは、オプションで3Dルックを選択することができます。空気抵抗を示すCd値は0.29を達成しています。

新型のボディサイズは、全長4708mm、全幅1891mm、全高1676mm、ホイールベース2864mmと先代に対して、ほぼ同じボディサイズを維持しています。長いボンネットと非常に短いフロントオーバーハングが特徴的です。

インテリアは、BMWの伝統であるドライバー重視のデザイン。収納スペースは歴代X3で最も豊富に用意されており、使いやすさも充実しています。荷室容量は550リットル、後席は40対20対40の3分割で倒れ、後席を倒せば、最大で1600リットルに拡大します。ウインドスクリーンの改良により、静粛性が引き上げられています。

トランスミッションは8速ティプトロニックを搭載し、最新世代の4WDシステム、xDriveを組み合わせています。欧州仕様のパワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニットを設定し、全モデルが前後重量配分50対50と、理想的なバランスを実現しています。エンジンやサスペンションなど、アルミ素材の使用を増やすことで、先代比で最大55kgの軽量化を達成しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



フォルクスワーゲン、ゴルフをマイナーチェンジ


フォルクスワーゲンの「ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて5月25日に発表されました。

基幹車種だけに搭載エンジンは豊富で、1.2リッターターボ、1.4リッターターボ、1.8リッターターボ、2.0リッターターボ、の4種類のエンジンがあります。

今回のマイナーチェンジでGTIやRはそれぞれ10PS、30PSとパワーアップされています。

ヘッドライトがキセノンからLEDになり、Lo/Hi各ヘッドライトを囲むL字型のLEDデイライトが装備され、テールランプもLEDになり、特にハイラインのハッチバックには流れるように点灯するLEDターンランプが「テクノロジーパッケージ」としてオプション設定されました。このテクノロジーパッケージには「インテリジェント・ヘッドライト」も含まれ、対向車や先行車の位置によって自動的に照射範囲を変える予防安全システムも含まれています。

先進安全では、プリクラッシュブレーキシステムに歩行者検知機能が備えられました。全車速域で前車への追従機能を持ち、万が一の場合はブレーキをスタンバイ状態にして、自動ブレーキをかけることにより被害を軽減します。歩行者検知機能は5~65km/hの範囲です。
また、渋滞時にハンドルに手を添えていればストップ&ゴーで前車に追従するトラフィック・アシストが機能します。

インテリアは、ディスプレイが従来の8インチから9.2インチとなり、オーディオは画面の上をジェスチャーで左右にスワイプすると曲や放送局を変えることができ、その他の車両情報、エコドライブ情報もここで得ることができます。

さらにAndroidやiPhoneとBluetoothでつなぐことで、運転席以外からもオーディオ、カーナビ操作などができ、メータークラスターはフルデジタル化した12.3インチの液晶ディスプレイを備え、カーナビをはじめとしてさまざまな情報をピックアップすることができます。

スバル、XVをフルモデルチェンジ


2017年4月6日、スバルはSUVクロスオーバー「XV」を正式に発表しました。発売は5月24日からです。

新型XVは、新世代プラットフォームを採用し、ダイナミック×ソリッドというスバル・デザイン・フォーマットを使用し、アイサイトver3、歩行者保護エアバッグを標準装備するなど安全性能を大幅に向上しています。

搭載エンジンはデュアルAVCS付きのFB16型ポート噴射とFB20型直噴エンジンで、いずれもレギュラーガソリン仕様です。
出力はFB16型が115ps/148Nm、FB20型が154ps/196Nm。トランスミッションは全車が変速比幅7.2のリニアトロニックCVTです。
JC08モード燃費は、1.6Lが16.2km/L、2.0Lモデルは2.0i-Lが16.4km/L、2.0i-Sが16.0km/Lを達成しています。

国土交通省/独立行政法人 自動車事故対策機構が実施した、平成28年度後期の自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメントで、新型XVが過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞しました。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



アウディ、新型A5を発表


4月4日、アウディ ジャパンはフルモデルチェンジした新型「A5」の発表会を都内で開催しました。

ボディサイズが先代に比べ15mm伸びたこと、短い前後のオーバーハング、波型のショルダーライン、Aピラーからはじまる美しい弧を描くルーフライン、AピラーからCピラーに向かって太くなるマットアルミニウム仕上げのウィンドウモールディング、アウディ クワトロを想起させる太いCピラーとフェンダーの膨らみなどが新型A5のエクステリアでの特徴です。スリムな立体形状のリアコンビネーションランプには標準でLEDテクノロジーが採用されています。

パワートレーンは、駆動方式が2WD(FF)になるスポーツバックの「A5 2.0TFSI sport」「A5 2.0TFSI」に新開発の2.0リッターTFSIエンジン(190PS/320Nm)を、4WD車には高性能版の2.0リッターTFSIエンジン(252PS/370Nm)を、S5シリーズにはV型6気筒3.0リッターTFSIエンジン(354PS/500Nm)と計3種類のエンジンをラインアップしています。

4WD車の2.0リッターTFSIエンジンは、先代の同排気量エンジンに比べ41PS/20Nm向上した一方で、軽量化やフリクションの低減、ソフトウェアの最適化などにより燃費は16.5km/L(欧州参考値)を達成しています。
また、2WD車の2.0リッターTFSIエンジンは「Bサイクルと呼ばれる独自の革新的な燃焼方式とライトサイジングコンセプトを採用しており、2.0リッターの排気量を確保しながら吸気バルブを早閉じするミラーサイクルによって熱効率を高めました。また、圧縮比を11.7に高めることで190PS/320Nmという高性能を維持しながら欧州参考値で17.5km/Lという優れた燃費を実現しています。

運転支援システムは、新型A5全モデルに必要に応じてブレーキが自動的に作動する「アウディプレセンスシティ」が標準装備されています。このシステムのハイライトの1つが「トラフィックジャムアシスト付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」で、同一車線内での半自動運転機能として完全自動運転に向けた大きな一歩を踏み出しています。
65km/h以下で走行中に、レーダー、超音波センサー、フロントカメラを利用したACCのシステムは加減速と必要に応じてステアリングにも穏やかに介入し、先行する車両を追尾するようにコントロールし、65km/h以上で走行している場合には、「アウディアクティブレーンアシスト」が車線維持をサポートします。
このシステムは主にフロントカメラを介して車線を確認しており、ウィンカー操作をしないまま車線を逸脱しそうになると、システムが電動パワーステアリングに穏やかに介入して元の車線に戻るようアシストします。このほか、合計10の運転支援システムが新型A5の安全性、快適性を高めています。

価格は消費税込み546万円から。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法