BMW X6がフルモデルチェンジ

BMWX6

BMWは、大型のSUV「BMW X6」をフルモデルチェンジしました。
納車予定はX6 xDrive50iが2014年12月から、X6 xDrive35iは2015年2月からです。

2008年にデビューしたBMW X6は、全高も抑えたクーペのようなルーフラインを持ったクロスオーバー車です。X6は瞬く間に人気モデルとなり、ポルシェ マカン やレクサス NXが投入されるなど、低全高型SUVのパイオニアといえる存在です。

エクステリアデザインは、幅広のキドニー・グリルに回り込むヘッドライトや、力強い「X」のラインを描くフロントバンパーが特徴的なサイドビュー、ショートオーバーハングや後方に配置されたキャビンなど、BMW伝統のスタイルを強調しています。

インテリアは、機能的にまとめられ、上級グレードはスポーティでありながらもラグジュアリーな仕様になっています。

ラゲッジスペースの容量は、最大1,525Lとなり先代モデルから75L拡大され、使い勝手も向上しています。テールゲートは、荷物で両手がふさがった状態でも、足元の操作により開閉が可能です。

全車にフルタイム4輪駆動システム「xDrive」が標準装備されています。

パワーユニットは2タイプが設定されています。
35iには、3L直列6ターボエンジンを搭載し、306ps・400Nmのパワーとトルクを実現しています。0-100km/h加速は6.4秒を実現しながら、燃料消費率は約20%向上しています。
50iには、4.4LのV8ツインターボチャージャーエンジンが搭載され、最高出力と最大トルクは、450ps・650Nmを発揮し、0-100km/h加速は4.8秒としながら、燃料消費率を約20%向上させています。

ボディの軽量化も実現しています。
軽量樹脂製のフロントフェンダーに加え、エンジンフードはアルミ製、ダッシュボードの構造部材にマグネシウム合金を採用し約40kgの軽量化を達成しています。

また、時速50km以上の走行において、アクセル・オフ時にエンジンとトランスミッションを切り離し、エンジンの回転数をアイドリング状態まで落とす機能も装備されました。

安全装備では、カメラとミリ波レーダーにより前方の監視を行い安全なドライビングを支援する「ドライビング・アシスト・プラス」を全車標準装備し、車載の通信モジュールで、乗員の安全と車両の状態を見守る「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」も標準装備されています。

■価格
X6 xDrive35i ¥8,980,000
X6 xDrive50i M Sport ¥12,850,000