BMW MINIクロスオーバーをモデルチェンジ

9月8日、BMWは、MINIクロスオーバーをモデルチェンジして、クリーンディーゼルモデルもラインアップに加え、同日販売を開始しました。

今回のモデルチェンジでは、ラジエーター・グリルのデザインを刷新し、オフロードモデルらしい精悍なデザインになっています。また、LEDフロントフォグランプを新採用しました。

インテリアは、センターメーターの文字盤を黒系のアンスラサイトに変更し、インテリアサーフェスの範囲を拡大させ、インストルメントパネルにもフィニッシャーを装備して、上質な車内空間を実現しています。

また、MINIとして国内初となるクリーンディーゼルエンジンを、3モデルに搭載しました。

「クーパーD クロスオーバー」と「クーパーD クロスオーバー ALL4」に搭載されるクリーンディーゼルエンジンは、最高出力112psで、2.5リッターガソリンエンジン車以上の最大トルク270Nmを発揮すると同時に、燃料消費率は16.3km/リットルを実現しています。
「クーパーSD クロスオーバー」には、最高出力143ps、最大トルク305Nmを発生し、燃料消費率16.6km/リットルを達成したクリーンディーゼルエンジンを搭載します。

両エンジンともポスト新長期規制をクリアし、取得税および重量税は免税、自動車税については75%減税が適用されます。

価格
MINI ONE クロスオーバー 6MT 275万円、6AT 288万円
クーパー クロスオーバー 6MT 308万円、6AT 321万円
クーパーD クロスオーバー(6ATのみ) 341万円
クーパーD クロスオーバー ALL4(6ATのみ) 362万円
クーパーSD クロスオーバー(6ATのみ) 387万円
ジョンクーパーワークス クロスオーバー 6MT 460万円、6AT 477万円。