BMW MINIベースマンをモデルチェンジ

9月8日、BMWジャパンは、MINI『ペースマン』をモデルチェンジし、またクーペにクリーンディーゼルモデルを設定、同日販売を開始しました。

今回のモデルチェンジでは、ラジエーターグリルデザインを刷新し、「クーパーS」には「S」のロゴをあしらい、「クーパーS」「クーパー」それぞれのキャラクターにマッチしたデザインになっています。

インテリアでは、メーターの文字盤を黒系のアンスラサイトに変更など、引き締まった雰囲気に仕上げています。また、インストルメントパネルにもフィニッシャーを採用し、上質な車内空間を実現しています。

さらにクーペにはクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを、日本で初めてラインアップに追加しました。
搭載するエンジンは2リッター直列4気筒ターボディーゼルで、最高出力は112ps、最大トルクは270Nmを発生し、一般的な2.5リッターガソリン車を上回る性能です。
燃料消費率は、16.3km/リットルで、従来のガソリンエンジン車と比べ約16%向上しています。
取得税および重量税は免税、自動車税については75%減税が適用されます。

価格
クーパー ペースマンMTモデル 308万円、ATモデル 321万円
クーパーS ペースマンMTモデル 362万円、ATモデル 375万円
ジョンクーパーワークス ペースマンMTモデル 460万円、ATモデル 477万円
クーパーD ペースマン6ATモデル 341万円