レクサス、LSをフルモデルチェンジ


今秋に日本デビューする「レクサス LS」から、自動ステアリングや車線変更といった最新の運転支援システムをパッケージ化した「レクサス セーフティシステム + A」が搭載されます。

「レクサス セーフティシステム + A」には、従来の「レクサス セーフティシステム +」とは比較にならないほど高度かつ数多くの機能が搭載されています。

たとえば衝突回避支援では、今回から「歩行者注意喚起⇒警報⇒ブレーキアシスト⇒自動ブレーキ⇒アクティブ操舵回避」のように、未然の注意喚起から最後の回避支援までサポートしています。

また、交差点での出会い頭事故を予防するため、交差する車両が接近してくる“方向”を大型ヘッドアップディスプレイや音声ガイドで注意喚起する「フロントクロストラフィックアラート」も世界で初めて採用しています。

高速道路や自動車専用道路では、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動制御して“ほぼ自動運転”を実現するほか、メルセデスが先に採用したウインカー操作のみで車線変更まで行う機能も備えています。

そのほか、ドライバー異常時停車支援や上下2段式アダプティブハイビームなども備えています。