スバル、XVをフルモデルチェンジ


2017年4月6日、スバルはSUVクロスオーバー「XV」を正式に発表しました。発売は5月24日からです。

新型XVは、新世代プラットフォームを採用し、ダイナミック×ソリッドというスバル・デザイン・フォーマットを使用し、アイサイトver3、歩行者保護エアバッグを標準装備するなど安全性能を大幅に向上しています。

搭載エンジンはデュアルAVCS付きのFB16型ポート噴射とFB20型直噴エンジンで、いずれもレギュラーガソリン仕様です。
出力はFB16型が115ps/148Nm、FB20型が154ps/196Nm。トランスミッションは全車が変速比幅7.2のリニアトロニックCVTです。
JC08モード燃費は、1.6Lが16.2km/L、2.0Lモデルは2.0i-Lが16.4km/L、2.0i-Sが16.0km/Lを達成しています。

国土交通省/独立行政法人 自動車事故対策機構が実施した、平成28年度後期の自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメントで、新型XVが過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞しました。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法