トヨタ、プリウスPHVをフルモデルチェンジ


トヨタ自動車は、プリウスPHVをフルモデルチェンジし、2月15日より販売を開始しました。

新型のプリウスPHVは、大容量リチウムイオン電池の搭載やシステムの効率化により、環境性能を大幅に進化させ、EV走行距離を68.2kmに拡大させ、さらにEV走行最高速度は135km/h を達成し、また、ハイブリッド燃費も37.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現しています。

満充電までの時間は100V/6Aで約14時間、200V/16Aで約2時間20分、急速充電(約80%)は約20分とされ、ソーラー充電システムは最大約6.1km/日の走行分を太陽光発電でまかなうことが可能です。

外部給電機能も装備され、新しい「EV給電モード」ではエンジンをかけずに家電が利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1500Wの出力でガソリン満タン状態なら2日程度の電力を供給できます。

エクステリアはプリウスとかなり印象が異なり、フロントに大型グリルと4眼で左右16個のLEDを制御するアダプティブハイビームシステムを採用し。リアはダブルバブルウインドゥ、一本の赤いラインでつないだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなどと個性的なデザインとなりました。

パワーユニットは、最高出力(98PS、最大トルク142Nmを発生する1.8リッター直列4気筒ガソリンエンジンのほか、最高出力72PS、最大トルク163Nmを発生する1NMモーターと、最高出力31P、最大トルク40Nmを発生する1SMモーターを組み合わせたデュアルモーターシステムが採用されています。

また、「駆動用バッテリー専用ヒーター」や世界初の「ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン」の採用で、EVモード走行中にエンジンが掛かりにくい状態を維持して、燃費性能を向上させています。

安全性能は、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備し、トヨタ初の「11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム」とDCMにより、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供しています。

ボディカラーは、新開発の「スピリテッドアクアメタリック」を含めて全9色をラインナップしています。

メーカー希望小売価格は326万1600円(税込)~422万2800円(税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法