スズキ ワゴンR改良新型を発売

8月25日、スズキは、主力の軽乗用車『ワゴンR』に新開発の低燃費化技術「S-エネチャージ」を搭載した車種を設定し、軽ワゴントップの低燃費32.4km/リットルを達成するなど一部改良を行い、同日発売することを発表しました。

今回開発したS-エネチャージは、スズキ独自の低燃費化技術で、エネチャージで培ったエネルギーマネジメント技術をさらに進化させたものです。

モーター機能付発電機(ISG)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、減速時に蓄えた電力で加速時にISGがモーターアシストを行うことで、エンジンの負担を軽減し、加速性能はそのままに、低燃費化を実現しています。
S-エネチャージと改良エンジンとの組み合わせにより、軽ワゴントップの低燃費32.4km/lを達成しました。

さらに、ISGのスターターモーター機能により、アイドリングストップからのエンジン再始動を従来より静かでスムーズなものにし、快適性を高めています。

今回の一部改良では、デザインはワゴンRと分かる普遍的なものとしながら、「S-エネチャージ」搭載車にLEDイルミネーションランプ等を施して先進性を表現するなど、それぞれの機種の特長を活かした新しいデザインを採用しました。

また、CVT全車、2WD・5MT車は全機種エコカー減税の免税対象車となっています。

さらに「ワゴンRスティングレー」には、後退時に左右から車両後方に接近する移動物を知らせる軽自動車初の「後退時左右確認サポート機能」と「自動俯瞰機能」を採用したバックアイカメラを、スマートフォン連携ナビゲーションとセットでメーカーオプション設定したほか、クルーズコントロールシステムを採用するなど、安全をサポートする機能や快適性を高める装備がさらに充実しました。

価格
ワゴン R107万8920円~149万3640円
ワゴンRスティングレー 146万1240円~171万6120円