スズキ エスクードを一部改良

8月20日、スズキは「エスクード」を一部改良しました。
全モデルにESP(車両走行安定補助システム・Daimler AGの登録商標)を標準装備とし、新デザインのシート表皮を採用しています。
同時に発売された特別仕様車「ランドブリーズ」は「エスクード XG」をベースに、内外装の質感と機能性を高めた特別仕様車です。
エクステリアには、ガンメタリック塗装の専用18インチアルミホイール、LEDリングイルミネーション付フォグランプ、ガンメタリック塗装の専用18インチアルミホイール、ブラックメッキリヤライセンスガーニッシュなどを採用。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「スチールシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」の4色が用意されています。
インテリアには、黒を基調として随所にシャンパンゴールドの加飾を施し、フロントシートの背もたれと座面に、夏は熱くなりにくく、冬は冷たく感じにくい素材「クオーレモジュレ」を採用し、さらに、本革巻ステアリングホイールと本革巻シフトノブなど、質感を高める特別装備を採用しています。
また電動サンルーフも標準装備しています。

価格 242万2440円(税込)