トヨタ、プリウスをフルモデルチェンジ

トヨタ プリウス (2)
2015年12月9日、トヨタはプリウスをフルモデルチェンジし、発売を開始しました。4代目となる新型プリウスは環境性能にさらなる磨きをかけ、クラス世界トップレベルの40.8km/Lを実現しています。

グレード体系は、より低燃費を追求した「E」、基本装備を充実した「S」、衝突回避支援パッケージなどの先進装備を充実した「A」、「A」の装備に本革巻きのステアリングホイール・本革シートなど、上級装備を充実した「Aプレミアム」を設定しています。「S」「A」「Aプレミアム」に設定されているは“ツーリングセレクション”は、215/45R17のタイヤ&アルミホイールや合成皮革表皮のシートなどを装備しています。

新型プリウスの主な特徴は、最大熱効率40%を実現したエンジンの搭載をはじめ、モーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現し、さらに約20%の低損失化を図り、「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現していることが挙げられます。

さらに、低重心パッケージに加えて、ボディねじり剛性を約60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションの新採用などにより、走る楽しさや快適性を向上し、雪道での一般的な走行における発進をアシストすることにより、安定した走りを実現するE-Four(電気式4輪駆動方式)を開発し、プリウス初の4輪駆動として採用しています。

安全面では、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付レーダークルーズコントロール、ステアリング制御付レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームを「A」「Aプレミアム」に標準装備し、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITS Connect」を設定しています。さらには、Bi-Beam(バイ・ビーム)LEDヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムを全車標準装備しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



 

スポンサードリンク
あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう