マツダ、ロードスターをフルモデルチェンジ

マツダ ロードスター

マツダは5月20日、フルモデルチェンジされた新型ロードスターを発表しました。

ロードスターは、「2人乗り小型オープンスポーツカー」としては累計販売台数で世界一を更新しています。

4代目となる新型の排気量は1.5リットルで、燃費は前回モデルと比べ、マニュアル車が1リットルあたり5.4km改善して17.2km、オートマ車が7.4km改善して18.6km、価格は249万円(税込み)からです。

新型ロードスターは車両重量の軽量化にこだわったスポーツモデルで、車重はもっとも軽いグレード「S」で、1トンを切る990kgです。

運転席シートのリクライニング角度を2度プラスして27度とし、シートを前にスライドさせた場合に座面が上昇する角度を従来の6度から10度に変更。小柄な運転者でも適切な前方視界が得られるように配慮されています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法



 

スポンサードリンク
あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう