トヨタ、アルファード/ヴェルファイアをフルモデルチェンジ

【アルファード】トヨタ アルファード【ヴェルファイア】トヨタ ヴェルファイア

2015年1月26日、トヨタはアルファードならびにヴェルファイアをフルモデルチェンジし、同日に発売しました。

アルファードは「豪華・勇壮」を、ヴェルファイアは「大胆・不敵」をコンセプトに、特長をより際立たせた外観となり、静粛で上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した高級サルーンに仕上がっています。

パワートレインは、2.5L 2AR-FXEアトキンソンサイクルエンジンに、6速シーケンシャルシフトマチックやE-Four搭載のハイブリッドシステムを組み合わせ、JC08モード走行燃費19.4km/L、2.5L 2AR-FEエンジンは、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを備えたSuper CVT-iを組み合わせ、JC08モード走行燃費12.8km/L、V6・3.5L 2GR-FEエンジンには、6速シーケンシャルシフトマチック装備の6 Super ECTを組み合わせ、JC08モード走行燃費9.5km/Lをそれぞれ達成しています。

ドライバー視線で車両を透かしたような映像を表示する新機能シースルービューを追加したパノラミックビューモニターや、自動でステアリング操作を行う切返し支援などの新機能を加えたインテリジェントパーキングアシスト2など、世界初の先進装備を採用し、運転する人への使い勝手への配慮も充実しています。

充実の先進装備
【インテリジェントクリアランスソナー】
従来のペダル踏み間違いによる事故被害の軽減だけではなく、駐車場内の低速での移動や車庫入れなどの場合でも進行方向の車両や障害物との衝突回避、または衝突被害の軽減を支援
【プリクラッシュセーフティシステム】
進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突の可能性が高いと判断した場合、警報やプリクラッシュブレーキアシスト、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)などにより衝突回避、または衝突被害の軽減を支援
【パノラミックビューモニター】
クルマの外側から見下ろしたような映像と、ドライバー視線でクルマを透かしたような映像を表示する新機能
【インテリジェントパーキングアシスト2】
超音波センサーとカメラを使って駐車空間を検知し、自動でステアリング操作を行う切返し支援機能、前後が狭い縦列駐車空間からの出庫時もステアリング操作を支援する縦列出庫機能
【レーダークルーズコントロール】
ミリ波レーダーの情報によって先行車を認識、停止状態から高速(車速0km/h~100km/h)までの全車速において、先行車の車速が変化した場合でも、設定した車速内で車間距離を保ちながら追従走行

価格 319~704万円(税込)

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク
あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう