マツダ、 新型CX-3を公開

マツダ CX-3

マツダは、新型CX-3のプロトタイプモデルを公開しました。

日本仕様に搭載されるエンジンは、1.5リットルディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」のみで、
トランスミッションは6速ATと6速MT、駆動方式はFFと4WDが全グレードに設定されています。JC08モードはFFモデルで25.0km/Lを達成しています。

また、ディーゼルエンジンの静粛性を高めるために、ピストンピンの中に組み込まれた、ダイナミックダンパーに相当する機構が、3.5kHz付近で共振するピストンとコンロッドの振動を減衰・分散させることによりノック音が減少する、世界初の技術を採用しています。

ボディサイズは全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mm、ホイールベース2570mm。アイポイント高は1250mmに設定され、視界の良さと安心感を確保しています。

理想的なペダル配置、ステアリングのチルト、テレスコピック機能、十分なシート調整幅、そしてどんな体格のドライバーでもしっかりフィットする振動吸収タイプのウレタンシートなどの採用により、マツダが強い拘りを持つドライビングポジションを実現しています。

i-ACTIVSENSEをはじめとする先進装備は、レーダークルーズコントロー(MRCC)、スマートブレーキサポート(SBS)、スマートシティブレーキサポー(SCBS)、AT誤発進抑制制御、ハイビームコントロールシステム(HBC)、車線逸脱警報システム(LDWS)、リヤクロストラフィックアラート (RCTA)、ブランドスポットモニタリング(BSM)などが装備されます。

価格は230万~300万円で、国内での発売は2月下旬を予定しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク
あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう