トヨタ、新型燃料電池車ミライを発表

トヨタ ミライ

2014年11月18日、トヨタ自動車は新型燃料電池車ミライを発表、12月15日より発売します。

ミライは、水素と空気中の酸素の化学反応で発電して走る究極のエコカーといわれています。

ボディサイズは、全長4890mm×全幅1815mm×全高1535mmで、クラウンとほぼ同じです。

パワートレインは、トヨタFCスタックと高圧で水素を貯蔵する高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した最高出力114kW(155ps)のトヨタフューエルセルシステムを採用し、モーターは最高出力113kW(154ps)、最大トルク335Nmを発生します。

ミライは、二酸化炭素を排出しない環境性能を実現し、3分の水素の充填で約650kmの走行距離を得られ、ガソリンエンジン車並みの利便性が実現されています。

また災害などの停電時に、最大9kWの電力供給能力を持ち、住宅や家電の電源として利用することができます。

安全装備は、プリクラッシュセーフティシステムや車線逸脱を警告するレーンディパーチャーアラート、隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、後方確認をアシストするブラインドスポットモニターなど、高級車にふさわしく充実しています。

ミライの販売計画は、2015年末までに400台を目標にしています。^

価格は723万6000円(税込)に設定されました。