ダイハツ 新型軽自動車の概要

ダイハツ 新型軽

9月29日、ダイハツは、2014年11月に発表予定の新型軽自動車の概要を発表しました。

新型軽自動車のベース車は、2013年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「デカデカ」で、日常生活やレジャーなど多用途に使える新ジャンルの軽自動車として開発されました。

新たに4つの新技術が採用されています。
そのひとつが軽最大の車内空間です。車内高・1455mm、全高・1855mmと軽自動車最大の車内空間を実現しました。また、地上からドア開口高までが1700mmと、体に負担のかからない姿勢で乗降りできます。

2つめは、ドライバーの視界にも配慮し、1387mmに設定された目線の高さです。遠くまで見通すことができ、余裕のある運転が可能になり、高速走行時も安心して運転できます。

3つめは、安全対策です。フロントアブソーバーロッドやリヤアブソーバーのサイズアップなどによってサスペンション剛性を高め、安定性が向上しています。また、スタビライザーの標準装備やウレタンバンプスプリングの採用によってロールを抑制し、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。 さらにダイハツ車として始めて直進安定性を高める空力フィンを採用したほか、軽量化により低重心の維持も行っています。

4つめは、約90Lの大容量ラゲージアンダートランクを設定し、助手席前に6.6Lの大型インパネトレイを採用、さらに助手席シートアンダーボックスやインパネセンターロアポケットなど大小様々な収納スペースを採用することで、使い勝手の良さを追求しています。

新車購入に役立つサイト
新車値引き交渉のポイント
大幅値引きが期待できる時期
愛車を高額で売る方法
メーカー別販売店攻略法

 

スポンサードリンク
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる
あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し
中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう